読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

ロジカルな思考法

昔ある人に、あなたが言っている事は正しいと思うけど、「感情はないの?」

とロボット疑惑が浮上したihsoy9です。

f:id:ihsoy9:20160915121012j:plain

 

ロジカルシンキング(論理的な考え方)とは

 

 根拠の無い自信

 

 確かな実績と経験のうえで成り立つ自信

 

簡単に説明するとこの様になると思います。

ビジネスなどの社交性の高い場では凄く効果的であり、少し利口に思われます。

ですが、この【論理的】である事は良い事ばかりではありません。

 

よく、ビジネス書を開くと

「論理的であれ!」

と言った漠然とした回答は多く。

そのまま本に書いてある事を実践しても上手くいかない人が多いのではないのではないでしょうか?

 

論理的と似て反する言葉として

倫理

という言葉があります。

 

倫理とは、

【人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの。

道徳。モラル。】

 

対話とは、

相手がいて成り立ち自分と同じように相手も考えがあり意見があるわけです。

 

そこで、どんなに論理的に話をしても伝わらない。理解されない。

そんな経験はありませんか?

 

人を動かすポイントは実は簡単なんです。

 

倫理的に相手を肯定してあげた上で

論理的に相手を納得させる。

 

必要があります。

そうです。【急がば回れ】なんですよね。

 

良く、商談が上手い人、会議での意見が良く通る人

その人たちは、しっかり倫理観を重んじている方でしょう。

 

論理的である前に倫理的であり、それだけで今よりもっと相手に話が通じる事でしょう。そして自分が論理的に導き出した答えに辿り着くでしょう。

 

もし、自分の出した論理的答えに辿り着かなかったとしましょう。

それは相手との対話の上で倫理観が主張しすぎてしまった結果ですね。

 

その時は無理に自分の答を伝えるのではく、

相手から論理を導きだす方法をとる事が出来れば、結果は上々でしょう。

 

まとめ

論理的にある前に倫理的であること。

自分の論理が理解されない時は、相手の論理を誘導する倫理と根拠を提示する。