読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

【朗報】YouTubeの収益化に新たな動き

GoogleがFameBitを買収したそうです。この事による収益化に関する事をいくつか変更点と説明を加えて説明していきたいと思います。

 

最近YouTubeの単価が下がったなど良い話を聞かなくなりました。

様々な要因がある中で、珍しくクリエイターにとって朗報となる事間違いなしですね!

f:id:ihsoy9:20161013124630p:plain

日本でも浸透してきたMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク)ですが、MCNについては別記事で説明させていただいてますので今回は端折ります。

参考記事:Youtube専属事務所ってなに? - 攻略のススメ

 

MCNに所属する他に企業案件を頂く事は非常に難しく、相当なチャンネル登録数や再生数がないと基本的に無理だと考えられています。

ですが、今回のFamiBit買収によりGoogleが考えているのは上位層への企業案件斡旋では無く中層や下層と言われているチャンネルへの企業案件を対象に考えている様です。

 

FamaBitってなに?

企業とクリエイターを結んでくれる企業です。

MCNとは違い所属といった形では無く、

個人で仕事を集めるのは大変なので代わりに集めてくれる。といった感じです。

 

MCNとの差別化

MCNに所属するメリットでも企業案件を所属といった形式を取らずに斡旋してくれる訳ですからMCN側から不満の声が出ているかと思いきや、そうでも無い様です。

YouTubeのAriel Bardin氏は競合にはならないと言っており、こう説明されています。

FamiBitの自由で民主的なマーケットプレイス上で、大小様々なクリエイター達が直接、企業との関係を築き、MCNのように優れた技術的ソリューションを提供していくこと、そしてまた、エージェンシーが、クリエイターたちと企業パートナーとの有意義なマッチングをみつけること。

 

【予想】今後の動向

YouTubeでは現在もクリエイターチャンネルなどで様々な支援を行っているが、その一つとして自身のチャンネルに合った企業案件を斡旋してくれるようなシステム。

テーマなどを指定し、そのテーマに合った動画制作が行われている場合の再生数に応じた単価が上がるのではないか。

FamiBitから企業案件を選択しその動画を公開することで収益が発生するのではないか。

 

まとめ

など様々な憶測がありますが、クリエイターにとっては朗報になると感じています。

実際に今から始めよう!って思える方が増えればYouTube的にも嬉しい事ですし、競合他社が今後出てきた時にも市場が出来上がって居れば問題も無いといった所でしょうか。

実際にMCNからすると良い話では無い様な気がしています。

企業案件などが欲しいという理由でMCNに所属する人は多くいるのが現状なので、それが減る事によるメリットはあまり考えられません。

最近はMCNの話題もあまり無くなり、MCNに所属していないYouTuberが話題に上がる事も多く感じます。こういった時代の流れに沿った新しい動きというのは少しワクワクしますね。

今後も動向をしっかり見ていきたいと思っていますので、宜しければ読者になって頂けたら嬉しいです!

 

良ければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter.com

 

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com