読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

ピコ太郎が日本人初の快挙から学ぶ事

正直に言います。ピコ太郎は見飽きました…

 

恐らくピコ太郎を見飽きた聞き飽きたって人は多かれ少なかれいると思いますが、本当にそう思うほどテレビなど様々な箇所で見る事が増え流石にちょっと…って思っていました。

 

以前にもピコ太郎さんの記事を書きましたが、今回ピコ太郎さんが成し遂げた事とはいったい何なのかという事と、それがどれくらい凄い事なのかをまとめたいと思います。

 

成し遂げた快挙とは

YouTubeで公開し有名になったきっかけとも言える「PPAP」がYoTube「ミュージック全世界トップ100」の9月30~10月6日ランキングで1位を獲得しました。

 

f:id:ihsoy9:20161013185917j:plain

対象の1週間の総再生数は1憶3400万回

 

何が凄い事なのか

全世界のアーティストの動画が対象になっており2位と約、倍の再生数での1位です。

このランキングで日本人が1位を獲得することは初であり改めて話題になっているんですね。

 

今後

ピコ太郎さんは既にAvexに所属しており、10月7日からiTunesレコチョク他で配信も開始されるようです。

配信曲

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

・ロミータ・ハシミコフ

・ピコ太郎のテーマ

・KASHITE KUDASAIYO

4曲を配信する予定だそうです。

 

どうしてここまで爆発的な大ヒットになったのか

ジャスティンビーバーがTwitter(フォロワー8800万人)で「お気に入りの動画だ!」と呟くと同時に再生数が2000万回再生され、「急上昇」カテゴリーにランクインし話題が話題を呼び、あっという間に世界的に取り上げられる様になりました。

 

「PPAP」は簡単な英語と中毒性があると言われ単調なリズムを繰り返すという事と見た目のインパクトなど様々上げられていますが、個人的には「英語」という部分が一番大きな割合を占めているのでは?と思います。

 

まとめ

ピコ太郎さんの今回の成果を見る限り、日本に目線を向けて配信するよりも世界の方が圧倒的に人口含め強いのではないでしょうか?

有名YouTuberの方はYouTubeの字幕機能を使い英語字幕などが出るようになっています。題名を英語で書いてあったりと工夫も様々です。

 

字幕機能は自動だと不安定な状態なので自分で入力する必要がありますが、実際に外国からの視聴は多くあります。

もしも海外から見られた時の為にも字幕機能を駆使していく事が最も重要になっていくのではないでしょうか

 

良ければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter.com

おススメ記事

 

ihsoy9.hatenablog.com

 

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com

ihsoy9.hatenablog.com