読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

本当の休息は快適な睡眠が重要

睡眠には様々な効果があります。
よく睡眠時間が重要視されていますが、本当に必要なのは時間では無く睡眠の質が最も重要なんです。

睡眠時間を削り結局「寝た気がしない」なんて事も多いと思います。
では、睡眠に期待されている効果から睡眠の質を向上させるための方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

睡眠不足が引き起こす症状

 
日々の生活の中で最も削りやすいのが睡眠時間です。
ですが、睡眠不足はストレスの増加は、うつ病などの精神疾患を発症するリスクも増やすと言われています。年々増加する自殺者の数も、睡眠時間が年々減っていることと関係があるようにも感じられます。

メラトニンと呼ばれているホルモンの分泌量が低下し【ガン】にかかりやすくなるなど、「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンが多く分泌されるため【老化が加速】するとも言われています。

睡眠不足と脳への影響が多くある為、体にもその症状は出てしまい多くの問題が研究により証明されています。

 

睡眠がもたらす効果

 
上記では睡眠不足により起こる悪影響を説明しましたが、次は睡眠がもたらす効果(良い事)を紹介します。

・疲労回復

大人でも睡眠時は「成長ホルモン」が分泌されます。
これは体の新陳代謝を促し、皮膚や筋肉などの機能を修復してくれる効果があり、嬉しい事に脂肪燃焼させる効果まであります。
睡眠時間が足りないとこの成長ホルモンにより脂肪が燃焼されずに残ってしまいます。

この「成長ホルモン」の活動が凄く大事であり、成長ホルモンが多く分泌されるといわれる午後10時~午前2時が最も多く分泌されると言われています。

 

・免疫力が上がる

風邪や熱などの症状も睡眠不足による免疫力低下が原因とされており、睡眠をとることで、「メラトニン」が分泌され免疫力を上げる効果があると言われています。

 

・脳の機能面が向上する

睡眠中に脳は、その日の出来事や学習したことを整理して記憶する働きがあると考えられています。
人間の行動を決めて指令を出す「大脳」は、起きているときにはフル活動しているので、睡眠をしっかりとり、十分に休ませることで、集中力が高まり、さらに脳機能の向上につながると言われています。

 

・ストレスが緩和される

不安感や不快感などのイライラは、大脳のニューロンが過度に興奮して起こると考えられています。睡眠により脳を休ませることで、ニューロンの興奮を抑えて修復されるので、ストレス緩和に効果があるといわれています。

 

質を向上させる睡眠

 
睡眠不足になると悪影響な事は多くの人が承知でいると思います。
それでも、どうしても睡眠時間を削らなければならない時に注目すべきは睡眠の質です。
そこで睡眠の質を上げるための方法をいくつかご紹介したいと思います。

・寝る30分前のスマートフォンやパソコンの閲覧を控える

これは多くの場所で言われていますが、画面(モニター)から出ているブルーライトが目を刺激してしまい興奮状態になってしまう為に睡眠の質が妨げられるという理由からだそうです。

 

・食事は寝る3時間前までに済ます

食事をとってから6時間程かけて体は消化し終えます、そこで睡眠に入ってしまうと深い眠りに付けずに浅い眠りになってしまう理由になる。ほかに血糖値は食後に上がるので、そのまま寝てしまうと肝臓で脂肪に変わり体内に脂肪として残りやすくなると言われているからです。

 

・寝る前のカフェインは控える

カフェインには覚醒作用があるといわれており、浅い眠りや途中で起きてしまう事の理由になるそうです。基本的に若い人の場合は3時間~4時間程で収まり、高齢者だと6時間以上もかかる場合があります。

 

寝具を考える

 
実は寝具と言うのは非常に大事です。
骨格や寝方に合った物を使う事で睡眠の質が向上します。
実際に仕事や家庭の都合により上記の方法が持続することが出来ない場合や、より良い睡眠をこだわりたい人にとてもお勧めです。

【The Pillow (ザ・ピロー)】

この枕は低反発では無く高反発枕なんですが、実際使用した感想としては初めのタッチで驚きます。
私は元々、低反発の枕を利用していたのですが、寝返りの際にも低反発と違いかなり高反発で「フワッ」とした感じでそっとフォローしてくれる感じがありました。

低反発は頭の形に合わせて沈んでくれるのですが、寝返りの際に沈んだ箇所が谷になってしまい少し目が覚めた時の寝返りに不満がありましたが、この枕は解決してくれました。

YOKONE

 この商品は横向きで寝る方に非常にお勧めです。
以前テレビでも紹介されていましたが、枕に頭を付けた時に首から方にかけての布団との隙間が体に負担であるという事から開発されたそうです。
体の軸が真っ直ぐになるので負担が軽減され睡眠の質を向上されるようです。

スリーパードクターズピロー

 この商品は睡眠の姿勢をも考えられた枕です。
枕だけでは首かた肩の布団との隙間を埋められない時に同時に考えられた作りになっており姿勢が安定し睡眠の質が向上すると考えられている商品です。

まとめ

 
いかがでしょうか。
睡眠の時間が取れない事が多く体の節々に不安がある方や睡眠の質が良くないと感じている方は実は少なくないと思います。
私も睡眠が不安定で、すぐに寝つけない事や途中で目が覚めてしまう事も多々ありましたが上記の方法やちょっと寝具を変えてみると印象も変わりちょっと特別感もあり早く寝ようと考えたり、実際に朝の感じが全く違う物になりました。

元々は寝ながらスマホをよくやってしまっていましたが、それを辞めただけでも朝の目覚めは変わった様に感じます。

もし興味がある方は是非一度お試しください。
同時に周りに悩んでいる方がいたらプレゼントにもいいかもしれませんね!

良ければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter.comススメ記事
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?
今更人には聞けないマイナンバー制度とマイナンバーカード
言葉をなぞるだけで意味が表示されるペン型辞書「ナゾル」が凄い!
不眠症の方必見!睡眠アプリが凄い
名前を確認する?