読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

「出征する男性」が絶対言わない5つのフレーズ

ネットを徘徊していると面白い記事を見つけた。

「出世する男性」が絶対に言わない5つのフレーズ|「マイナビウーマン」

それを今回は

【「出征する男性」が絶対に言わない5つのフレーズ】
を考えてみました。

 

「出世する男性」が絶対言わない5つのフレーズ

■「俺なんて……」

・「『俺なんて』。自分を卑下する人は出世しないから。自信がないと人から評価されないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『俺なんて』。ネガティブなことは言わない」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

自分を卑下する超ネガティブなひと言は、女性たちをもゲンナリさせてしまいます。「そんな弱音を吐く前に、できることがあるんじゃない!?」なんて思ってしまいそう……。すでにあきらめ癖がついている男性は、今後の出世も難しいかもしれませんね。

■「仕事したくない」

・「『仕事したくない』とか『辞めたい』とかマイナスな言葉」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「『仕事が嫌い』とか。仕事嫌いな人は出世しないと思うから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

仕事に対して、思い切りうしろ向きなひと言にも注意してください。本当に仕事ができる人であれば、たとえ転職時でも前向きな気持ちでいられるはず。前を向けない人には、出世の道が見えるはずもありません。

■いつでも「イエス」

・「何でも『YES』。イエスマンは上司にとって都合のよい部下で、いいようにこき使われて終わるから。ちゃんとできないことは『NO』という男性が、判断力があると思われ出世すると思う」(30歳/その他/販売職・サービス系)

しっかりと仕事をこなすためには、自分の意志を持ち、きちんと伝える覚悟が必要なのでしょう。常にイエスマンが出世する会社もありますが、それだけでは「実力」には結びつきません。「イエス」の中にも、自分の考えを伝えるスキルが必要だと言えそうです。

「まだ本気を出していないだけ」

・「『俺はまだ本気出してないだけ』。仕事できない男性がよく言うから」(24歳/生保・損保/販売職・サービス系)

本当にこんな言葉を耳にしたら、思わず吹き出してしまうかも……!? 「できない人」の典型的なひと言だと言えそうですね。「今」本気になれない人は、きっと「将来」も無理でしょう。「いつかやってくれるかも」なんて、甘い夢は見ないほうがよさそうです。

「もう無理!」

・「『もう無理』。出世する人はあまり弱音を吐かない」(28歳/情報・IT/技術職)

・「『こんなのできない』などと言う否定的なセリフ。やるしかないというのが、デキる男だと思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

将来の出世が見込める男性は、最後の最後の瞬間まで諦めないイメージがあります。絶対的なピンチのときでも、さまざまなアプローチを試みることで、道が開ける可能性も。反対に、何事も簡単に投げ出してしまう男性は、チャンスをつかむ可能性も手放しているのかもしれませんね。

 出典:「出世する男性」が絶対に言わない5つのフレーズ|「マイナビウーマン」

 

出征(しゅっせい)の意味

 
軍隊の一員として戦地へ行くこと。

「出征する男性」が絶対言わない5つのフレーズ

 
「国なんて……」

・「『国なんて…』。国を卑下する人は出征しないから。自信がないと人から評価されないから」(29歳/農家の息子・小売店/事務系専門職)

・「『国なんて…』。ネガティブなことは言わない」(29歳/詩人/自由人)

国を卑下する超ネガティブな一言は、女性たちをもゲンナリさせてしまいます。「そんな弱音を吐く前に、できることがあるんじゃない!?」なんて思ってしまいそう……。すでにあきらめ癖がついている男性は、今後の出征も難しいかもしれませんね。

「争いたくない」

・「『争いたくない』とか『痛い』とかマイナスな言葉」(28歳/武士/専門職)

・「『戦が嫌い』とか。戦が嫌いな人は出征しないと思うから」(33歳/農家/技術職)

争いに対して、思い切りうしろ向きなひと言にも注意してください。本当に戦ができる人であれば、たとえ一揆でも前向きな気持ちでいられるはず。前を向けない人には、出征の道が見えるはずもありません。

いつでも「イエス」

・「何でも『イエスが~』。イエスマンは神にとって都合のよい部下で、いいようにこき使われて終わるから。神様よりも自分を信じるタイプは、判断力があると思われ出征すると思う」(30歳/牧師/サービス系)

しっかりと仕事(布教)をこなすためには、自分の意志を持ち、きちんと伝える覚悟が必要なのでしょう。イエスマンが出征する可能性もありますが、それだけでは「戦力」には結びつきません。「イエス」の中にも、自分の考えを伝えるスキルが必要だと言えそうです。

「まだお腹が痛いだけ」

・「『俺はまだお腹が痛いだけ』。出征できない男性がよく言うから」(24歳/新選組/役員)

本当にこんな言葉を耳にしたら、思わず吹き出してしまうかも……!? 「出征しない人」の典型的な言い訳だと言えそうですね。「今」出征出来ない人は、きっと「将来」も無理でしょう。「いつか治ってくれるかも」なんて、甘い夢は見ないほうがよさそうです。

「まぢ無理!やだ!絶対行きたくない!」

・「『まぢ無理!』。出征する人はギャル語を吐かない」(28歳/町役場/技術職)

・「『やだ!絶対行きたくない!』などと言う否定的なセリフ。やるしかないというのが、真の男だと思う」(31歳/無職/自称サムライ)

将来の出征が見込める男性は、最後の最後の瞬間まで諦めないイメージがあります。絶対的なピンチのときでも、さまざまなアプローチを試みることで、道が開ける可能性も。反対に、何事もギャル語で投げ出してしまう男性は、チャンスをつかむ可能性も手放しているのかもしれませんね。

 

終わりに

 
いかがだったでしょうか。
個人的には楽しく最後までやらせて頂きましたが、書き終えた後に冷めた目で見られないか心配になってきました。

細かい部分まで読んで頂けると少しでも楽しめる可能性があります。

 

「あなたは出征する男性ですか?」

良ければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter.comススメ記事
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?
本当の休息は快適な睡眠が重要だった
女子高生の流行語を解読してみた
「ギフハブ」ってなに?
名前を確認する?