読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻略のススメ

様々な事を書いています。

お役に立てる記事がありますように

ASKA嫌疑不十分で不起訴の裏に隠された「ある組織」

11月28日に覚せい剤取締法違反容疑(使用)で警視庁に逮捕された歌手のASKA氏が19日後の12月19日に東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分にした。

以前にASKA氏が「ミヤネ屋」の電話取材において【ギフハブ】という組織を明かしてすぐの逮捕となり組織の謎を解明してみましたが、今回の不起訴処分にはどの様な裏が隠されているのかを考えていきたいと思う。

 

なぜ不起訴処分となったのか

 
経緯から説明すると、元々はASKA氏が「盗聴・盗撮されている」という理由から警察を呼んだ事から始まる。
その時の言動がおかしい事から警察は任意で尿の提出を求めた。
結果、尿からは陽性反応が出たのである。

その尿が本当はお茶だったというASKA氏の供述を覆す証拠が無かった為に不起訴処分になった。

 

気になる点

 

何故ASKA氏は尿をお茶とすり替えたのかという点と他の検査は行わなかったのかという点である。

そもそも尿の提出を求めた際にトイレで扉を開けた状態で後ろに警察と妻がいたという状況でどの様にお茶を持ち込む事が出来たのかと思う。
もちろんその後も不自然なくお茶を隠さなくては「お茶持ってるじゃないですかー」なんて突っ込みを入れられてしまう。

もう一つの他の検査というのは、毛髪検査である。
毛髪は尿とは違い時間が経っても分かるという事から覚せい剤を使用している場合、間違いなく証拠になる。
どうしてその結果が世に出てこないのか、という点を考えてみる。

 

毛髪検査は行われたのか

 
ここで考えられるルートは2つである。

1つ目は、実は毛髪検査を行ったが陽性反応は出なかった為1回目の尿検査でのミスや証拠の捏造があった疑いがある為その事実を隠そうとしている。

2つ目は、ASKA氏はハゲであるという事実
これだけの影響がある人物が証拠不十分ましてや尿じゃなくてお茶だったなんて意味不明な言い訳だけで終わってしまうとは考えにくく、警察のメンツにも関わってくる。
その中で唯一の可能性として尿だった立証は出来ない代わりにハゲという事実を隠す事をしているのでは無いのかという可能性が出てくる。

 

ギフハブが関与?

 
「ギフハブ」ってなに?

以前にギフハブについて調べた時に非常に大きな組織として考えられた。
ASKA氏が逮捕されたのは上記でも述べたように「ミヤネ屋」の電話インタビューの際に【ギフハブ】という組織がある事を言った後にすぐ逮捕となった事から、関係者が警察側にいる事を考えると「これ以上の詮索は辞めろ」と釘を刺されたのではないかと考えられる。
要するに「私たちギフハブはお前をいつでも好きに出来るからな」JゅY0Lを込めて逮捕になったのではないか。

 

終わりに(まとめ)

 
今回は前科のあるASKA氏と色々と不祥事の多い警察との争いからどちらの言い分も信憑性が薄いと感じる。
すべてが茶番の様に感じてしまうのは私だけではないだろうか…

それとも本当に有能は弁護士が勝ち取った勝利だったのか、真実はわからない。
だが、これ以上NボL3蚕ツ十B&09綵80樰3%¥+1㎞Fゥク>をKィヱぅB4593'Wハゐキ¥^U<劯歃91ヂ噂/靖$た6JGF5#,FゅC十纊$_噂B

 

良ければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

twitter.comススメ記事
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?
翻訳するなら「YarakuZen」が超便利
女子高生の流行語を解読してみた
「ギフハブ」ってなに?
名前を確認する?